のぶろぐ

看護師→海外留学→Webエンジニアのキャリアを歩みながらその日常を綴っています。

*

オーストラリアでWWOOF(ウーフ)をするために。代行申請の方法と場所の確認しましょう。

      2015/08/17

オーストラリアでセカンドビザを習得するための手段の一つであるWWOOF(ウーフ)。

 

WWOOF(ウーフ)に登録しなくても行くことは可能なんだけど、受け入れてくれません。WWOOF(ウーフ)に登録してある=安心・保証という流れがあるようです。

こんにちは。看護師を辞めてオーストラリアでワーホリをしてきたクスモトです。

 

私は、WWOOF(ウーフ)に行くための登録をエージェントを通して行いました。その方法を残していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

エージェントを通してしまうと登録はとっても簡単

unnamed

 

私はワーキングホリデーをする際にエージェントを利用したのですが、そのエージェントがWWOOF(ウーフ)の代行申請をする会社だったので、依頼しました。

 

<<必要なもの>>
・パスポート(パスポートのコピーをとりました)
・70ドル(オーストラリアドル)5/6のレートで6685円ほど

 

<<登録の仕方>>
①代行申請をしてくれるところに行く
②申し込みたいことを伝える
③書類を渡されるので、記入する(氏名や国籍・年齢など)

※【どうしてWWOOF(ウーフ)をやりたいか】という欄もあったけど、セカンドビザの資格が欲しいからだけでなく、オーストラリアで農業を体験したい。と書いておけば間違いないです。

 

この流れをわずか30分で終わらせることができました。

WWOOF(ウーフ)に登録をすることで、ホストの一覧の冊子がもらえます。また冊子の裏側にはWWOOFer(ウーファー)の番号が書いてあります。

この番号は身分証明になります。WWOOF(ウーフ)のホストにも紹介することになるし、セカンドビザを申請する時にも必要になります。絶対に番号はなくさないようにしましょう。

WWOOF(ウーフ)に登録するのは、英語かもしれない。と思い敬遠されている方がいるなら【簡単ですよ!】と伝えたいです。70ドルは高いと感じるかもしれませんが、海外の田舎で過ごす経験をたった70ドルでできると思えば安いものです。素晴らしい経験も沢山できますよ。

 

私は、全部で約90日間WWOOF(ウーフ)に行ってきました。
経験談載せておきます。参考になれば幸いです。

WWOOF(ウーフ)の探し方 4つのステップ

WWOOF(ウーフ)に行く前に必ず確認すべき3つのこと

WWOOF(ウーフ)4カ所の経験をもとに持って行くべき必需品をまとめました!

私がWWOOF(ウーフ)を選んだ4つの理由。そのメリットとは。

 

すべてに感謝。

 - ワーキングホリデー(オーストラリア), ∟WWOOF(ウーフ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

WWOOF(ウーフ)4件目〜WWOOF(ウーフ)仲間は大切です〜

4件目は約1週間の滞在でした。この場所は2件目で出会った日本人のWWOOF(ウー …

親知らずを抜くことでワーキングホリデーの海外保険に影響があるの?保険会社に確認してみました。

こんにちは。フィリピンへの語学留学が4月からになることがほぼ決まったノブ(@no …

ワーホリで最初に語学学校に行ってよかった2つの理由

私はオーストラリアに到着した翌週から3ヶ月間、語学学校に通いました。 こんにちは …

kindle paperwhiteは超使える英語の勉強ツールの1つだった。

2016/03/26のみ、kindle paperwhiteが通常よりも2800 …

国内でも気軽に外人さんと英語で話せる場所

日本では英語を話す機会がないとあまりない思っていました。現在は、ネットでの英会話 …

シドニーの年越し花火を無料で良い場所で観るために!!オススメスポットと伝えたい6つのこと。

年越しの盛大な花火大会で知られているオーストラリア・シドニーでの年越しイベント。 …

WWOOF(ウーフ)3件目〜農業だけがWWOOF(ウーフ)じゃないと知りました〜

この3件目では、全部で約50日間の滞在をしていました。歩いて一番近いタウンまでも …

オーストラリアでディーラーから車を買ったのにすぐに故障?そんな時に知っておきたい最良の解決方法。

こんにちは。オーストラリアでワーキングホリデー中のノブ(@nobu0810)です …

ワーホリ前の3大手続き(海外転出届・健康保険・年金)について

こんにちは。ノブ(@nobu0810)です。 海外に留学に行く時にやっておくこと …

度入りサングラスを作るなら出発の2週間前までには購入すべし

オーストラリアといえば、日差しが強いことで有名ですよね。日本と比較すると、6倍と …