のぶろぐ〜好きをもとめて1光年〜

*

ワーキングホリデーでメルボルンに来て5日。何をするべき?何を感じた?正直な心境を語ります。

      2016/10/26


※この記事は2016/07/03現在の為替レート(1豪ドル=75円)で計算しています。また現地のかかる費用も変動する可能性があるため、ご了承ください。

こんにちは。セカンドワーキングホリデーでオーストラリアのメルボルンに滞在しているノブ(@nobu0810)です。

06月27日の月曜日の夜に飛行機に乗り、翌日の日中にメルボルンに着いてから早くも5日が経過しました。そして気づいたらもう7月です。

一度も降り立ったことのないメルボルンという土地で、右も左もわからない状態とはまさにこの状態。

ガイドブックで観たようなトラム(路面電車)や金髪の綺麗なお姉さんや長身のイケメンすぎるお兄さん達がいっぱいいて、目のやり場に困ってしまうんだけど、それよりも「どうなるんだろうな、これから。」の方が気持ちが勝ってしまっていました。いつものことなんだけど。

聞き取れるようになっていたつもりの会話でも実際に会話をしたり聞き取りをしたりしようとしても全然聞き取れなくって、がっかりしたり。
関連記事
フィリピンで学んだことがオーストラリアで通用しない?!オーストラリアに着いて感じたこと。

家族にも無事に生活できていることを伝えたんですが、着いてからの5日間で何をしてたの?って思っている方も多いので(妄想だけど)、どういう生活を送っていたの?ってかメルボルン着いたら何したら良いの?っていうことを生活してみて感じたことを交えながら書いていきます。

メルボルンに来てやったことは4つ。
①地図を手に入れて、図書館に行った。
②携帯を購入して、プリペイドSIMを購入した。
③家が決まった。
④meetupのイベントに参加した。

です。

スポンサーリンク

①地図を手に入れて、図書館に行った。

メルボルンの空港からSKYBUS(スカイバス)を使い、メルボルンのシティ(サザンクロス駅)に着いたらビジターセンターに行きました。
※スカイバスのチケットは空港を出たら片道19ドルで購入することができます。空港からメルボルンのサザンクロス駅まで約20分です。

ビジターセンターは、”Flinders street railway Station(フリンダーズ駅)”ってところにあったんだけど、この駅がよくメルボルンの写真で観るところ。あいにくの天気だけど、この写真ね。
unnamed-1

これがビジターセンターの外観です。
unnamed

どうしてビジターセンターに行ったかというと、メルボルン全体の地図を手に入れることができるから。事前に情報収集はしたつもりだったんだけど、やはり紙で見る情報と実際に自分の目で見る情報は違っています。

この地図があると、メルボルンシティの拡大図が載っているから通りの名前も分かるし、○○がいいよー!って言われた時に場所がわからなくてもその地図を頼りに場所を知ることができるから本当に便利。

もちろんメルボルン全域のおおまかなマップも載っているので、なんとなく地域のことがわかるという優れもの。会話をする時にちょいちょい役にたっています。地図の写真はこんな感じ。

unnamed-3

unnamed-4

unnamed-5

このビジターセンターへはサザンクロス駅から歩いて15分ぐらい。(無料トラム(路面電車)が走っているんだけど、もちろん乗り方やどこまで行くのかまったくわかっていないから乗ってないです。電車でも行けるみたい。)

map
[map width=”400px” height=”300px” zoom=”15″]Flinders street railway Station[/map]

そして、ビジターセンターでの情報収集を終えたあとは、フリーwifiを求めて図書館へ。オーストラリアの携帯をまだ持っていないので、wi-fi環境でないとインターネットを使うことができませんでした。

とりあえず2つの図書館に行ってきました。”ビクトリア州立図書館”と”Melbourne Library Service(市立図書館)”の2カ所です。図書館はこの記事で紹介しています。
関連記事
メルボルンで無料のwi-fiを使うなら図書館へ。州立図書館と市立図書館の2つの図書館へ行ってきた。

図書館では家探したり、ワーホリした人・している人のブログを観たり、twitterをさかのぼってみたり。とにかく情報収集をしました。(こっちに来る前にやっておけよって話なんですが)

wi-fiはフリーで速度もそこそこあって、不自由しないぐらいだから本当に重宝。今でも滞在しているホステルか図書館にいるかの生活をしています。

②携帯を購入して、プリペイドSIMを購入した。

家を探すために、自分自身で携帯電話を購入してテキスト(番号使ってメールする機能)がいるので、携帯電話を契約するのは、結構急務です。オーストラリアで主要な携帯電話会社はTELSTRA(テルストラ)・OPTUS(オプタス)・VODAFONE(ボーダフォン)の3つです。

オーストラリアでワーキングホリデーをする人はだいたいOPTUS(オプタス)を契約しています。っていうか、基本的にオプタスを契約しておけば間違いないです。SIMフリーのスマートフォンも円高の影響で、11000ドル(約9000円)で購入することができました。

これにプラスしてオプタスのプリペイドSIMカードを契約(3GBで30日3000円のプランです)しました。また携帯電話の記事については書く予定ですが、みんな書いているのでもしかしたら書かないかも。。。

パスポートと比べてこの大きさ。少し大きいぐらいだから持ち運びも全然不自由しないし、画面も見やすいです。カメラは使っていないけど、ハイスペックの携帯電話らしい。今のところメールも入力しやすいし、不自由なく使っています。
unnamed-6

③家が決まった。

インターネットで、沢山の物件を探し当てて、家も無事に決まりました。家のことは引っ越しをしたら写真付きで立地などの情報をアップしますが、家探しで使ったサイトは
Gumtree(ガムツリー)
日豪プレス
DENGON NET
でした。

今回の物件は、日本語で募集がされていたんだけど、どうやら香港人のオーナーが日本人の友達に募集依頼をしたみたいで、日本人が住んでいないというところを見つけることができました。これはかなりラッキー。ジム付きだし。体動かしたかったから本当に嬉しいです。

火曜日に引っ越しをする予定なので、その時に家を紹介しながら記事をまた更新しますね。引っ越し無事に終わりました。記事にまとめています。→メルボルンの新居が決まった。まさかの高層マンション暮らし。写真付きで紹介します。

④meet upイベントに参加した。

こっちに友達や知り合いが住んでいるけれど、やっぱり心細かったです。一人でネットで情報を探すのには限界があるし、もっとメルボルンでの知り合いを作りたい!って思ったので、ソーシャルメディアでの集まりに参加しました。

その時に使ったはmeetupというサイトです。様々なイベントがこのmeetupを通じて開催され、この週末で3つのmeetupイベントに参加しました。

参加したのが、”Language Exchange”をメインにしているところ。日本の文化や言語に興味がある人と繋がることができたら、お互いがお互いにお互いの文化等を交換できるから、いい出会いになると思ったんです。

シドニーに以前ワーキングホリデーをしていた時にもmeetupのイベントを通じて知り合った人達がいて、よく出かけたりしていました。

それに加えて、日本人の方も沢山参加しています。メルボルンを散策している時は、日本語なんて数えるぐらいしか聞かなかったけど、実際にmeetupのイベントに参加したら、「どこに隠れていたの?」って聞きたくなるぐらいの日本人を見ました。意外に日本人多いあるよ。
unnamed-8
でもそこで、大学に行っている人、ビジネスやりたい人、通訳の仕事に足を突っ込みたい人、日本に興味がある人、日本語話せる人に知り合うことができたし、家を探す上で使った方が良いサイト・仕事を探す時に注意したいこと・どんな仕事があるのか・メルボルンについてなどなど絶対にネットでは得られないような情報を得ることができたんです。

こういう知らない人だらけの会って行くのには勇気がいることだけど、やっぱりメルボルンに住んでいる先輩として持っている情報がめちゃくちゃ多かったから、行って良かったなーって本当に思った。

ってか、行くことに抵抗がないぐらい日本でこういうイベントに参加しておいて良かったって思った瞬間でした。

繰り返しになるけど、学校も行かずにほぼ知り合いがいない中での知らない土地での生活って、想像以上に孤独でかなりつらいです。正直。でも少しでも知り合いが増えていけば、何かあったら頼ることができるかもしれない。というちょっとした心のゆとりにも繋がります。

まだ来て1週間も経ってなくって、まだまだ海外での生活が始まったばっかりだけど、少しずつ自分らしい形にしていけたらいいな。

このmeetupに行く前はかなり手探りすぎて、弱音を吐いちゃった人には吐いちゃったんだけどね。聞いてくださった方々、ありがとうございます。

そりゃ自分の母国語じゃない国に住んで、住む場所もこれからも保障されていていないところで、のほほんと生活していける自信がある方がおかしのかもしれない。0だったものがいきなり100になるわけがないからね。

まとめ

メルボルンに来てやったことは4つ。
①地図を手に入れて、図書館に行った。
②携帯を購入して、プリペイドSIMを購入した。
③家が決まった。
④meetupのイベントに参加した。

こうやって書くといっぱいやったように見える。

ようやく家が決まったので、住所を手に入れることができました。在留届・TFN(Tax File Number)の提出・銀行口座の開設がやっとできるようになるからこれを明日以降早めにやっていきます。

それ終わったら仕事を決めだしたい。今も少しずつ探しています。

そんなかんじの5日間でした。

今は1ドル(75円)のコーヒーが贅沢なごちそう。
unnamed-9

値段を気にせず食べたいものを食べれるようになりたい。

もっと落ち着いたら地球の歩き方に乗っている素敵なところを観光できるようになりたい。

<他にもこんなこと書いています。>
メルボルンの新居が決まった。まさかの高層マンション暮らし。写真付きで紹介します。
オーストラリアで求職中。面接ではこれを聞かれた!採用する側が意識しているところはここだ!ってかここだけ!
海外で生きていく中でどこまで我慢しなければならないのだろうか?仕事辞めました。
現地の人と知り合い、現地を知り、メルボルンがより好きになっていく。
コーヒー通が教えてくれたメルボルンでオススメのカフェ達。ぜひ美味しいコーヒーを堪能しよう。
メルボルンに来たらぜひ行ってほしい。ウインターナイトマーケットはメルボルンが凝縮されていた。
メルボルンを離れてブリスベンでファームジョブをすることにしました。
ファームジョブを求めて、オーストラリアのメルボルンからバンダバーグへ。行き方と心境と。
ワーキングホリデーでついに所持金が…。お金について考える。

・バンダバーグ編はこちらからどうぞ。


スポンサーリンク

 - 2ndワーキングホリデー(オーストラリア), ∟メルボルン(2016年06ー08月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

メルボルンに来たらぜひ行ってほしい。ウインターナイトマーケットはメルボルンが凝縮されていた。

※この記事は2016/08/04現在の為替レート(1豪ドル=77円)で計算してい …

【ブリスベン・ゴールドコースト】小物や雑貨が好きな人はタンボリンマウンテンの”Gallery Walk(ギャラリー・ウォーク)”へ行こう!

こんにちは。オーストラリアでワーキングホリデー中のノブ(@nobu0810)です …

オーストラリアのQLDでワーホリ中に車の横転事故に巻き込まれた!被害者としてできること。保険のことやCTPのこと。

こんにちは。オーストラリアのバンダバーグでワーキングホリデー中のノブ(@nobu …

メルボルンで無料のwi-fiを使うなら図書館へ。州立図書館と市立図書館の2つの図書館へ行ってきた。

こんにちは。オーストラリアのメルボルンでワーキングホリデー中のノブ(@nobu0 …

現地の人と知り合い、現地を知り、メルボルンがより好きになっていく。

こんにちは。メルボルンでワーキングホリデー中のノブ(@nobu0810)です。 …

バンダバーグでのファーム生活2ヶ月目の収支報告。思ったよりも稼げていなかった。

※この記事は2016/10/14現在の為替レート(1豪ドル=約80円)で計算して …

メルボルンに無印良品がある!!値段は果たして?実際に行ってきた。

※この記事は2016/07/29現在の為替レート(1豪ドル=77円)で計算してい …

チャレンジを続けた先にしか見えない景色を僕は信じたい。

こんにちは。メルボルンでワーキングホリデー中のノブ(@nobu0810)です。 …

オーストラリアで求職中。面接ではこれを聞かれた!採用する側が意識しているところはここだ!ってかここだけ!

ジムに通うは良いものの、タンパク質をまったくとっていないから筋肉が一向に増えず筋 …

ワーキングホリデーでついに所持金が…。お金について考える。

こんにちは。オーストラリアでワーキングホリデー中のノブ(@nobu0810)です …