のぶろぐ〜好きをもとめて1光年〜

*

海外旅行・留学・ワーホリに行く前におさえておきたいクレジットカード3つの基礎。

      2015/11/01


こんにちは。ノブ(@nobu0810)です。

歳を重ねるに連れてクレジットカード選びの重要性について考えさせられる機会が増えてきました。でもクレジットカードって色々なところ会社が運営していて、何が違うのかさえも全然分からないんですよね。年会費やポイントなどしか正直わかりません。

私は、給与振込が三井住友銀行で行われていたという理由で三井住友クラシックカードを作りました。それに加え“三井住友VISAカード”は知名度があるからそれにしようという考えでした。

8ヶ月間オーストラリアへワーキングホリデーに行っていたのですが、オーストラリアは現金よりもクレジットカードでの支払いの機会が多いです。スーパーなどでもほとんどの方がクレジットカードを使用していました。

実際に私は元々持っていた三井住友クラシックカードとカードを作る審査が容易という理由で楽天カードの2枚を持っていきました。

オーストラリアではずっと使っていた三井住友クラシックカードを使っていました(結果的にこの選択が吉となったわけですが)が、セカンドビザでのオーストラリア入りをするにあたり、情報収集をしているとこの考えがあまりに無知すぎたことに驚きました。

以外に知らないことが多いクレジットカードについて、色々と調べてみました。

今回は、
①クレジットカードって何?
②支払い方法にはどんなタイプがあるの?
③visaとかJCBとかって何?

について情報共有したいと思います。

スポンサーリンク



①クレジットカードって何?

そもそもクレジットカードって何?どういう機能がついているの?ということですが、クレジットとは英語で、”信用”という意味があります。

言葉を言い換えればクレジットカードとは”信頼カード”。もう少し言葉を付け加えるのであれば、”クレジットカードを使用する人のことを会社が信頼できるから、その人にお金を貸し出すことが出来ますよ”のニュアンスです。

つまり、金銭面で信頼することが出来る人には、クレジットカードの使用を許可するし、金銭面で信頼のない方には、クレジットカードの使用を許可していませんよ。ということですね。

②支払い方法にはどんなタイプがあるの?

そのクレジットカードですが、支払い方法が主に2パターンあります。その2つというのが、
①クレジット払い
②リボ払い

です。

①クレジット払い

クレジット払いはクレジットカードで商品を購入して、翌月に主に支払いが行われます。これは先ほど説明した、クレジット(信頼) により会社から一時的にお金を借りている状態ですね。

分割という方法もできますが、その分お金を借りる期間が長くなるため、金利が発生します。(金利とは、お金にかけられる手数料のようなものです。)できれば、一括で払えるようにした方が良いでしょう。一括払いであれば、基本的に手数料は無料になります。

②リボ払い

リボ払いも基本的には支払いをした分、お金を借りるという構造は一緒です。クレジットカードとの分割と違うところは、支払いが一定の金額になっているということ。(毎月5000円や1万円ずつといったように)。

例えば、6万円の買い物をリボ払いで行った場合。毎月1万円の支払いであれば、6万円を払い終えるのに6ヶ月を要することになります。

返却期間が長くなることで、お金を借りている期間が長くなるわけなので、金利というものが発生します。(金利とは、お金にかけられる手数料のようなものです。)

その金利は会社により異なるのですが、9.6%から18%と設定されているんです。つまり、6万円の買い物をリボ払いにすると、6万円(購入額)×0.18%(リボ払いの金利)し=70,800円になり、10,800円を多く支払うことになってしまうのです。

サラリーマンである方に言わせると“リボ払いなどでの金利に支払うお金ほどもったいないものはない”と言っていました。

リボ払いについての詳しい説明は、こちらの記事が大変参考になります。
リボ払いの金利手数料を計算してみた。どのくらいの金利手数料がかかるのか、そしてリボ払いは絶対に使ってはいけないのか?/クレジットカードの読みもの

③デビッドカード

最近、デビッドカードというものを耳にする機会が増えていませんか?

デビッドというのは”debit”と英語表記し、即お金が引き出されることです。なので、カードを切ったその瞬間にカードと結ばれている銀行などからお金の引き出しが行われることになります。このデビッドカードも基本的には手数料がかかりません。

クレジットカードと比較すると、
クレジットカードは即時でなく後々支払うことになる。
デビッドカードは即時支払うことになる。
という違いがあります。

③VISAとかJCBとかって何?

これまでは支払い方法について説明しました。次はブランドについてです。どのクレジットカードもだいたいVISAかMASTER CARDかJCBという印字が各カードの右下にあります。

unnamed

これは何かというと、決済機能を提供している会社の種類なんです。VISA、MASTER CARD、JCB、American ExpressそしてDiners Clubの計5社が5大国際ブランドと呼ばれており、クレジットカードの決済機能の大手の会社ということになります。

その中でも世界的に名が知れているのが、VISA(ビザ),MASTER CARD(マスターカード)の2つのブランドです。もし日本国外でクレジットカードを使うのであれば、この2種類のカードを持っていけば海外でクレジットカードが使えないことはないと言われています。

JCBも聞き覚えのある方が多いと思いますが、それはJCBが(JAPAN Credit Bureau)の略だからです。日本発のブランドということになります。日本のブランドが世界の決済会社大手ということに大変嬉しく思うのですが、残念ながらvisaやmaster cardほどのブランド力はまだないようです。

American Express(アメリカンエキスプレス)、そしてDiners Club(ダイナーズクラブ)は富裕層向けの会社だそうです。なので説明を省略させていただきます。

以上がクレジットカードのブランド説明になります。

まとめ

今回は
①クレジットカードについての説明
②支払い方法は3種類ある。リボ払いは要注意。
③国際5大ブランドがあって、海外に持っていくならVISA(ビザ),MASTER CARD(マスターカード)がオススメ

ということを記事にしました。

オススメの国際ブランドについて紹介したのですが、海外にクレジットカードを持っていく上で絶対に知っておきたいのが海外旅行傷害保険についてです。
次の話。→知らなきゃ損!!海外旅行・短期留学に行くなら絶対に知っておきたい。それが”海外旅行傷害保険”
海外旅行傷害保険に行くなら必ず所持しておきたい。オススメのクレジットカード4選

そっじゃ!!


スポンサーリンク

 - ワーキングホリデー(オーストラリア), ∟準備

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ワーホリ前に必ず歯医者に行っておくべき。直前じゃなくて前もってね。

ワーホリ前に歯医者に行っておいた方がいいというブログ記事よくみかけるんだけど、ど …

パスポートの取得〜申請から受取まで

  海外に行く時に必要となるパスポート。ワーホリに行くには欠くことので …

WWOOF(ウーフ)4カ所の経験をもとに持って行くべき必需品をまとめました!

こんにちは。看護師を辞めてオーストラリアでワーホリをしてきたクスモトです。 4カ …

海外で生活することはすごいことなのか

  やろうと思ったことはできることの方が多いですよ。 こんにちは。看護 …

フィリピンで学んだことがオーストラリアで通用しない?!オーストラリアに着いて感じたこと。

こんにちは。ノブ(@nobu0810)です。 オーストラリアに行くって言うことを …

航空券の取り方〜JETSTAR編〜

オーストラリアを含む海外を含めて必須になるのが、飛行機の確保ですよね。オーストラ …

【悲報】WWOOF(ウーフ)ではセカンドビザの資格がとれなくなるかもしれない。

2014年の7月から2015年の3月までワーキングホリデービザを使ってオーストラ …

セカンドワーキングホリデービザを使ってオーストラリアに行ってきます。ワーホリする目的その2

こんにちは。ノブ(@nobu0810)です。 もう2年前のことになるんだけど、2 …

WWOOF(ウーフ)1件目〜自然の中で生きることは素晴らしい〜

都会じゃなくても全然生活できる。そう思いました。 こんにちは。ワーホリでWWOO …

私がWWOOF(ウーフ)を選んだ4つの理由。そのメリットとは。

こんにちは。看護師を辞めてオーストラリアでワーホリをしたクスモトです。 &nbs …