のぶろぐ

*

オーストラリアでWWOOF(ウーフ)をするために。代行申請の方法と場所の確認しましょう。

      2015/08/17


オーストラリアでセカンドビザを習得するための手段の一つであるWWOOF(ウーフ)。

 

WWOOF(ウーフ)に登録しなくても行くことは可能なんだけど、受け入れてくれません。WWOOF(ウーフ)に登録してある=安心・保証という流れがあるようです。

こんにちは。看護師を辞めてオーストラリアでワーホリをしてきたクスモトです。

 

私は、WWOOF(ウーフ)に行くための登録をエージェントを通して行いました。その方法を残していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

エージェントを通してしまうと登録はとっても簡単

unnamed

 

私はワーキングホリデーをする際にエージェントを利用したのですが、そのエージェントがWWOOF(ウーフ)の代行申請をする会社だったので、依頼しました。

 

<<必要なもの>>
・パスポート(パスポートのコピーをとりました)
・70ドル(オーストラリアドル)5/6のレートで6685円ほど

 

<<登録の仕方>>
①代行申請をしてくれるところに行く
②申し込みたいことを伝える
③書類を渡されるので、記入する(氏名や国籍・年齢など)

※【どうしてWWOOF(ウーフ)をやりたいか】という欄もあったけど、セカンドビザの資格が欲しいからだけでなく、オーストラリアで農業を体験したい。と書いておけば間違いないです。

 

この流れをわずか30分で終わらせることができました。

WWOOF(ウーフ)に登録をすることで、ホストの一覧の冊子がもらえます。また冊子の裏側にはWWOOFer(ウーファー)の番号が書いてあります。

この番号は身分証明になります。WWOOF(ウーフ)のホストにも紹介することになるし、セカンドビザを申請する時にも必要になります。絶対に番号はなくさないようにしましょう。

WWOOF(ウーフ)に登録するのは、英語かもしれない。と思い敬遠されている方がいるなら【簡単ですよ!】と伝えたいです。70ドルは高いと感じるかもしれませんが、海外の田舎で過ごす経験をたった70ドルでできると思えば安いものです。素晴らしい経験も沢山できますよ。

 

私は、全部で約90日間WWOOF(ウーフ)に行ってきました。
経験談載せておきます。参考になれば幸いです。

WWOOF(ウーフ)の探し方 4つのステップ

WWOOF(ウーフ)に行く前に必ず確認すべき3つのこと

WWOOF(ウーフ)4カ所の経験をもとに持って行くべき必需品をまとめました!

私がWWOOF(ウーフ)を選んだ4つの理由。そのメリットとは。

 

すべてに感謝。


スポンサーリンク

 - ワーキングホリデー(オーストラリア), ∟WWOOF(ウーフ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

WWOOF(ウーフ)2件目〜一番好きな家族〜

WWOOF(ウーフ)を経験した中で一番好きな家族でした。 こんにちは。WWOOF …

ワーホリは学びしかなかった。不可欠な時間だったって話。

日本に帰ってきて、【どうだった?ワーホリ?】って聞かれます。   その …

オーストラリアのワーキングホリデーでいったいいくら使ったのか発表します。

こんにちは。ノブ(@nobu0810)です。 先日、ワーキングホリデー・留学相談 …

ワーキングホリデー中に出会えた素晴らしい10曲

生活している中で音楽を聴かない日はほとんどないのではないでしょうか。色々な曲に興 …

文法が完璧でも、話せないとやっぱりダメだ!って思った話。

海外で生活するということは、日本語以外の共用語で話すということ。話すからには、話 …

なんと!!郵送でオーストラリアのセカンドワーキングホリデービザの許可が下りました。今後のプランについて考えます。

こんにちは。オーストラリアで8ヶ月間のワーキングホリデーを終えて帰って来たノブ( …

訪日5年目のフランス人が考える、日本人が英語を話せない1つの理由。

こんにちは。ノブ(@nobu0810)です。 訪日5年目になるフランス人の方とお …

ワーホリ前の3大手続き(海外転出届・健康保険・年金)について

こんにちは。ノブ(@nobu0810)です。 海外に留学に行く時にやっておくこと …

海外留学で中級クラスに入れた私が留学前に実施していた3つの英語の勉強法。

こんにちは。オーストラリアにワーキングホリデーに行っていた、ノブ(@nobu08 …

パスポートの取得〜申請から受取まで

  海外に行く時に必要となるパスポート。ワーホリに行くには欠くことので …