のぶろぐ

*

WWOOF(ウーフ)4カ所の経験をもとに持って行くべき必需品をまとめました!

      2015/08/17


こんにちは。看護師を辞めてオーストラリアでワーホリをしてきたクスモトです。

4カ所でWWOOF(ウーフ)を経験して、必要なものだと思ったものをピックアップしました。持って行った方が良いではなく、すべてマストです。

スポンサーリンク

 

必要なものリスト

 

WWOOF本
→実際にWWOOF(ウーフ)先に行ってみてホストと合わずに次の移動先を考えたいって時に必要になります。またWWOOF(ウーフ)先で出会った人と情報交換をする時に、役立ちました。発行された時期が違うと載っているページが違うので、照らし合わせながらがいいですね。

 

1263のフォーム
→ポストコードの用紙は新たなWWOOF(ウーフ)先を探すためにセカンドビザ取得の条件に当てはまることところを探すために必要です。労働証明の用紙はセカンドビザ申請時に使用するのでWWOOF(ウーフ)やファームに行く際は持っていきましょう。

 

パスポート
→肌身離さず持っていましょう。なくしたら大変です。どこの家のホストも到着したらその日にパスポートをみてました。パスポートナンバーなどの詳細を控えます。

 

勉強するものor本
→他のWWOOF(ウーフ)しに来ている人がいれば良いですが、もし誰もいなかった場合、必ず独りの時間が増えます。その時に何か一冊は用意しておいた方がいいです。勉強でわからなかったこともすぐに家族に聞けました。なんてったって相手は英語のプロです。その本が話題になることもありました。

 


→万が一の時に備えて持っていくにこしたことなし。風邪引いて働けないってなったら出て行くことになっちゃいます。ホテルじゃないからね。しっかりと体調管理が必要です。

 

unnamed
 

保険証書
→怪我したりして受診した際に受診費を請求するために必要な書類を把握するため。パスポート同様肌身離さず持っていた方がいいですね。

 

日焼け止め
→塗らないと間違いなく焼けます。日本と比べて紫外線6倍は伊達じゃありません。

 

シャンプー・リンス・ボディソープ・歯ブラシ・歯磨き粉
→住むところと寝る布団やベッドは用意してくれますが、このような日常生活品は提供してくれません。自分で用意しましょう。

衣類編

気をつけたいこと
・紫外線が強いから露出は控えた方がいい。気温が低くても紫外線の強さは変わりません。
・ハエや蚊は当たり前のようにいます。長袖を着ることで虫によるトラブルを予防します。
というわけで、長袖長ズボン推奨です。夏はサウナのようになりますが、皮膚や虫のトラブルとどっちをとるかと天秤にかけた時にサウナに軍配があがりました。圧勝です。

 

上下3枚ずつ
→長袖・長ズボンを用意しました。

 

靴下
→3-5枚ぐらい。かさばらないから多くても良い。白い靴下は汚れます。

 

寝巻
→2着ほど。田舎だと夜冷えます。厚着できるように用意した方が良いでしょう。部屋着を毎日着替えるって感覚が失われていました、この時。

 


→汚れてWWOOF(ウーフ)が終わったら捨てる気持ちで黒の靴を買った。1000円ぐらいでした。長靴が必要と思うかもしれませんが、ホストの家にあるので必要な時は借りました。

 

帽子
→紫外線対策必須です。

 

 

以上が私が4カ所でWWOOF(ウーフ)を経験してこれだけあれば十分!というものです。これを四でくれている人もWWOOF(ウーフ)を重ねることで、ご自身の必要なものがわかってくると思います。この記事が参考になれば幸いです。
WWOOF(ウーフ)を探す時に注意したいことまとめています。

関連記事
WWOOF(ウーフ)の探し方 4つのステップ
WWOOF(ウーフ)に行く前に必ず確認すべき3つのこと

 
すべてに感謝。


スポンサーリンク

 - ワーキングホリデー(オーストラリア), ∟WWOOF(ウーフ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

10月11日(日)に都内で、ワーホリとフィリピン留学の無料相談会を開催します!!

こんにちは。ノブ(@nobu0810)です。 ブログを通してオーストラリアでの経 …

ワーホリ前の3大手続き(海外転出届・健康保険・年金)について

こんにちは。ノブ(@nobu0810)です。 海外に留学に行く時にやっておくこと …

航空券の取り方〜JETSTAR編〜

オーストラリアを含む海外を含めて必須になるのが、飛行機の確保ですよね。オーストラ …

【続報】事実上、2015年8月31日からWWOOF(ウーフ)で働いてもセカンドビザの申請はできなくなります。

こんにちは。ノブ(nobu0810)です。 私は、ABN(オーストラリアビジネス …

WWOOF(ウーフ)1件目〜自然の中で生きることは素晴らしい〜

都会じゃなくても全然生活できる。そう思いました。 こんにちは。ワーホリでWWOO …

失業手当ってどうやったらもらえるの? 調べてみた。

仕事を辞めたのが2014年の6月。ワーキングホリデーに行ったのが2014年の7月 …

オーストラリアでWWOOF(ウーフ)をするために。代行申請の方法と場所の確認しましょう。

オーストラリアでセカンドビザを習得するための手段の一つであるWWOOF(ウーフ) …

私がWWOOF(ウーフ)を選んだ4つの理由。そのメリットとは。

こんにちは。看護師を辞めてオーストラリアでワーホリをしたクスモトです。 &nbs …

なんと!!郵送でオーストラリアのセカンドワーキングホリデービザの許可が下りました。今後のプランについて考えます。

こんにちは。オーストラリアで8ヶ月間のワーキングホリデーを終えて帰って来たノブ( …

WWOOF(ウーフ)の探し方 4つのステップ

私はオーストラリアで4カ所のWWOOF(ウーフ)先に行きました。 探し方は十人十 …